結婚式、披露宴、お祝い事に、出張生演奏を!

演奏者の紹介

社本 嘉子 ピアノ

社本 嘉子 ピアノ

18歳で渡米、University of North Texas College of Music から在学中Music Competitive奨学金、成績優秀者奨学金等を授与し学位と修士号を取得。同学院にて教授助手として勤めながらDoctor of Musical Arts(ピアノ音楽演奏博士号)を取得。博士課程中は音楽家医療の研究論文が評価されToulouse graduate school から多岐学術賞とGradate Research Fellowship賞を受賞。

これまでに第三回プラハ国際ピアノ協奏曲コンクールにて受賞しチェコ共和国フラデツ・クラーロヴェーフィルハーモニーと共演。米国ノースカロライナ州、テキサス州Denton, Lake city、オクラホマ州Edmond, Ada, Oklahoma city, Ardmore、中国成都、チェコ共和国プラハにてソロ、アンサンブル、ピアノコンチェルト、又楽器や合唱等の伴奏者として各種演奏会に出演。

木本亜梨沙 フルート

木本亜梨沙 フルート

プロフィール
愛知県生まれ。10歳よりフルートを独学で始める。
中学校で吹奏楽とマーチングを学び、全国大会で金賞受賞。
高校で管弦楽部に所属し、クラシックを学ぶ。

甲陽音楽学院にてジャズをランドール・コナーズ氏、クラシックを大西圭子氏に師事。

在学中、年に2回のクラシックコンサートや学内ライブ、
学校外でも、在学中から現在に至って、結婚式場、イベント、パーティー、カフェ、老人ホーム、幼稚園など幅広く活動している。

加藤和佳乃フルート奏者

加藤和佳乃フルート奏者

加藤和佳乃プロフィール
岐阜市出身、12歳よりフルートを始める。岐阜私立鶯谷高等学校音楽科を卒業し、名古屋音楽大学音楽学部音楽学科管楽コースを卒業。在学時には、碧南市マラソンコンサートにソロで出演、リリオカミングコンサートに木管アンサンブルで出演、卒業後2012年12月に「加藤和佳乃リサイタル」を行う。また名古屋育成演奏会塾コンサート第17回に出演し聴衆賞を受賞。2014年1月稲沢市ワンコインコンサートに「ミュージックハーモニーwith名音」名音の卒業生三人で出演、6月にドルチェ楽器第1回デビューコンサートin名古屋に出演。10月にコロネットリレーコンサートに木管アンサンブルとピアノで出演。これまでに小室真由美、幸脇直人、大西圭子の各氏に師事。現在は岐阜、名古屋、上前津、岩倉、岡崎、稲沢、一宮など東海地区を中心に演奏活動をしている。また、老人ホームの慰問演奏も行っている。また、「ふるーつはーもにー」というアンサンブルを組み活動をしている。

三浦 美佳 フルート

三浦 美佳 フルート

9歳よりフルートを始める。

大学を休学し単身渡仏。

フランス国立ヴァル=ド=マルヌ県クレテイユ音楽院マルセル・ダディcycle3卒業、ディプロムCEM取得。ニース国立フルート&ピアノコンクールCFEM部門第一位。

在仏中はコンサートの開催、音楽葬、ブライダル演奏、録音等様々な経験を積み、帰国後は主に後進の指導に励む。これまでにフルートを、山田正子、クロード・ルビシュー、ジョルジュ・アリオル、アラン・メナール、リュカ・ヴァンサン、マガリ・モニエ、橋本岳人の各氏に師事。 現在、カノンミュージックスクール講師。ensemble flevirメンバー。

オオシマ ナミ  エレクトーンプレイヤー

オオシマ ナミ  エレクトーンプレイヤー

岐阜県各務原市出身

5歳よりヤマハ音楽教室にてエレクトーンを学ぶ。
10歳から17歳までエレクトーンコンテストに参加。
ヤマハ演奏グレード6級を習得。
数々の商業施設や福祉施設での演奏を経験する。


22歳、エレクトーン教室を卒業。
音楽から離れた生活を送る。


29歳、再びエレクトーン演奏活動に復帰。
現在はレパートリーを増やしつつ、岐阜市、各務原市を中心に精力的に演奏活動を行っている。

岐阜市生涯学習センター 平成25年度ボランティア登録
楽遊ひまわりの会 伴奏
各務原小学校 放課後子ども教室登録サポーター

上嶋 言葉(katari)  ヴァイオリン

上嶋 言葉(katari)  ヴァイオリン

言葉(Katari)

奈良県出身。4歳よりヴァイオリンを始める。これまでヴァイオリンを田中ますみ、守岡輝、荒井雅至の各氏に師事。国立音楽大学附属中学校、国立音楽大学附属高等学校音楽科を卒業。同校では多数の演奏会でコンサートミストレスとして出演。平成19年度国立音楽会ではソロを演奏。国立音楽大学演奏科管弦楽コースへ入学し、大学のオーケストラでコンサートミストレスを多数務める。大学卒業後2012年9月から3ヶ月間 ウィーンに個人レッスン留学。現在、所属しているEscalier Philharmonic Orchestraでコンサートミストレスを務め、その他講師、ブライダル演奏、レコーディング、エキストラなど、ジャンルを問わずさまざまな演奏活動を行なっている。

浅田亮太 Ryota Asada ジャズ

浅田亮太 Ryota Asada  ジャズ

浅田亮太 Ryota Asada ドラム、ピアノ、作曲、編曲、講師、音楽療法アシスト、イベントプロデュース
1987年愛知県名古屋市生まれ。
学生時代よりピアノ、作曲、ドラム共に様々な名誉ある賞を受賞する。
2008年に甲陽音楽学院を卒業後、プロドラマー、作編曲家として活動。
より自身の持つ音楽性や人生観をフルに音楽で活かすため、2012年よりピアニストとしての活動もスタートする。

現在、「人々の心がより豊かに、より幸せになることを願う音楽活動」を専門とし、
その活動内容は演奏家や作編曲家としてだけではなく、子どもを中心とした教育、音楽療法アシスタント、イベント企画等、
音楽を様々な視点から柔軟に取り入れる音楽家として幅広く展開する。

演奏家としては、ピアノではニューエイジ系の即興ソロピアノを専門に「心と音」をテーマに、
ドラムではあらゆる曲をJazzにアレンジし幅広い世代を対象に展開する「浅田亮太ハッピーJazzセッション」を軸に活動している。
名古屋市、長久手市を中心に東海地方、全国の様々なイベント、コンサート等で活躍中。
2014年にソロピアノアルバム「愛と感謝と幸せと」をリリース。心が豊かになる音楽として好評を得る。

人間味に溢れ明るく前向き、そして愛情深い人柄と、本気で生きる熱い志が特徴的。
その個性が音楽やトークにもストレートに反映し、
"全身から素直に心を映し出す魂のアーティスト"として聴衆の心を魅了する。
その演奏は、"自分を抑制せずに心の奥底の想いを100%出し切る"ため心と音が深く繋がっており、一音一音に"魂"が宿っている。
作編曲家としては、自身の気持ちを素直に表した曲を中心に発表している他、
キッズミュージックや合唱曲、動画や演劇のBGM等スタイルを問わず様々な曲を提供している。
講師、音楽療法アシスタントの活動でも個性を活かし、
"人々が自らの可能性を広げられるよう導く"という独自のスタイルを確立。
その評判は高く、人気絶大。

今までにテレビ番組やCM、ラジオの収録、ディズニーランドでの演奏、アメリカでの演奏等を経験。


岸本かず子 オカリナ

岸本かず子 オカリナ

岸本かず子
プロフィール
昭和38年2月15日生
愛知県立津島北高等学校卒業
カワイ音楽教室講師として指導を続ける。
幼児音楽教育を名古屋市内の幼稚園、保育園などで
指導。その後 癒しの音色 オカリナに興味を持ち
指導を熱田の森文化センターなど市内の文化センター
コミュニティーなどで行う。
世界的オカリナ奏者大沢聡氏に師事。
大沢聡氏の前座演奏、ソロ演奏を名古屋市内を中心に行う。

岩根衣李 ヴィオラ

岩根衣李 ヴィオラ

岩根衣李
4歳よりピアノ、7歳よりヴァイオリンを始め、17歳でヴィオラに転向。
名古屋市立菊里高校音楽科を経て愛知県立芸術大学卒業。現在、愛知県立芸術大学大学院修士課程2年に在籍。学内選抜により「卒業演奏会」、「室内楽の楽しみ」、「室内楽の夕べ」に出演。
第7回蓼科音楽コンクールin東京 大学以上専門の部 第2位(最高位)。
第11,12,14回大阪国際音楽コンクール入選。
'12年11月、イタリア・ノーリ音楽祭に参加。
'13年6月、メゾソプラノ歌手の河村典子氏と共に第73回中部大学コンサートに出演。
'14年4月、ONmusic主催コンサートにソロ出演。5月、ヴィオラスペース2014名古屋に出演。
名古屋フィルハーモニー交響楽団等に客演。
これまでにヴァイオリンを近藤真弓、林茂子の両氏に、ヴィオラを花井晶子、佐々木亮、百武由紀の各氏に師事。
ソロ、室内楽を中心に様々なジャンルで活躍中。

勝田 晴香  フルート

勝田 晴香  フルート

勝田 晴香
名古屋芸術大学音楽学部演奏科卒業。第14回大阪国際音楽コンクールデュオ部門第3位。第18回みえ音楽コンクール大学以上一般の部第1位および三重知事賞受賞。 同大学在学中、室内楽の夕べ、定期演奏会、卒業演奏会などに出演。現在、演奏家として活動する傍ら、音楽教室で後進の指導にもあたる。

音楽葬の経験は100本以上あります。

柴竹友梨 チェロ

柴竹友梨 チェロ

新潟県出身。愛知県立芸術大学音楽学部を経て、同大学大学院音楽研究科博士前期課程修了。第5回バッハホールコンクール未来賞受賞。第21回レ・スプレンデル音楽コンクール室内楽部門第1位。2008、2011年JT主催「期待の音大生によるアフタヌーンコンサート」に出演。在学中、学内選抜オーディションにより、ケルン音楽大学教授のクラウスカンギーサ氏の公開レッスンを受講し、演奏会に出演。また、「室内楽の夕べ」など、大学内の演奏会に多数出演。第42回愛知県立芸術大学定期演奏会、同大学卒業演奏会に出演。奥州フィルハーモニー管弦楽団、新潟チェロアンサンブルと共演。軽井沢国際音楽祭、ジャパンストリングカルテット弦楽四重奏団マスタークラス、プラハサマーアカデミー、チェルヴォサ マーアカデミーを受講し、演奏会に出演。また、草津国際音楽祭を奨学生として受講、演奏会出演。
これまでに天野武子、花崎薫、松波恵子、舘野英司、渋谷陽子、ルドヴィード・カンタの各氏に師事。トパゾス弦楽四重奏団、リプトン弦楽四重奏団メンバー。現在、愛知県立芸術大学アンサンブル要員。東海地方を中心に、幅広く演奏活動を行う。

才木 友理子ヴァイオリン

才木 友理子ヴァイオリン

才木友理子(さいき ゆりこ)
1988.8.14生まれ
3歳よりヴァイオリンを始める。
名古屋音楽大学音楽学部音楽学科ヴァイオリン専攻卒業。
岡崎音楽家協会第23回新人演奏会出演。
岡崎音楽家協会会員。
島村楽器ヴァイオリン講師。

お電話&メールフォームでのお問い合わせはコチラをクリック【TEL】052-703-5187【電話受付】9時~18時【定休日】不定休