test=1

結婚式、披露宴、お祝い事に、出張生演奏を!

お知らせ

三重の披露宴とは

2014年01月10日

三重の披露宴とは

今回は三重県の披露宴についてご紹介していきます。
三重県は関西の要素もたくさんある県ではありますが、披露宴の文化は愛知県の影響が大きいようで、昔から荷造りをする風習があります。
この荷造りとは呉服やタンスなどを一緒に持っていくという風習で、嫁ぐ子供に恥をかかせないようにという思いでこういった風習があるようです。
また三重県独特な風習で言えば迎え傘と迎え下駄という嫁に傘や下駄、または草履を贈るしきたりがあります。
これには嫁ぐ女性に対して、披露宴当日に雨が降っても大丈夫なようにこの道具を贈るそうで、これが出来ていれば嫁に来てもらう準備が充分に整っていますよ、という意味があるそうです。
とっても心が温まる風習ですよね。迎える方も迎えられる方も誰もが幸せになる良い習慣というのはずっと続いてほしいものです。
また披露宴に使う費用の面で見てみると三重県は全国で15位となっており、派手な披露宴で有名な愛知県は29位とかなり上回っています。これは三重県の特産物の松坂牛や伊勢エビなど高級な特産品がそろっているので披露宴に出したいという方が多いようですね。ちなみにこのランキングでの1位は群馬県なのです。結構以外ですよね。
三重県の暖かい披露宴をぜひ参考にしてみてくださいね。

« 戻る