test=1

結婚式、披露宴、お祝い事に、出張生演奏を!

お知らせ

音楽療法の効果3

2014年01月05日

音楽療法とは具体的に言うと、音楽を使い、高齢者または障害をもった人たちと一緒に歌ったり楽器を演奏したり、その時間だけでも体のさまざまな病(痛みや情緒的問題など)を忘れ、楽しみや笑顔を創造するお手伝いをできるようにするということです。
具体的な音楽療法の行動の仕方別に、それによってもたらされる効果について述べていきますね。①歌をうたうと、呼吸機能の維持・強化、発散、情緒の安定 等に効果がもたらされます。②楽器を演奏することにより、集中力を高める、発散、達成感を味わうことができます。③音楽に合わせてリズムをきざむことによって心身の活性化等を得ることができます。④音楽に合わせて体を動かすことにより、身体機能の維持、改善等に効果が出てきます。
⑤曲にまつわることを語り合うことにより、発語を促す、回想を促す等の効果がございます。
⑥音楽を聴くことによって、回想を促す、情緒の安定と活性化、沈静化等の効果を得ることが可能となります。上記に限らず、音楽療法の効果については未知の領域があり、今もなお研究者によって、日々様々な効果が報告されています。音楽療法で脳や感情に、良質の刺激を与えて、気持ちの良い毎日の生活を送れることは、私達の身体にとってとても重要なことですよね。

« 戻る